紫竹塩

海の塩が高熱の火を満たし、人間に有益な新物質で生まれ君が竹塩を別名海の禁断という。

竹塩は仁山先生の発明品であり、智異山の南海岸一帯で育った青々とした竹の筒(木)ににがりを抜いた西海岸産の天日塩(水)を詰め込み、智異山の深い山奥の肥やし気のない黄土(土)で口を塞ぎ、鉄の釜(金)に入れた後、松の木の焚き火(火)で8回製錬し、9回目は松脂を使って高熱で溶融させて完成します。竹塩はこのように「金・木・水・火・土」の五行説と九転の丹を応用して仁山先生が定立した竹塩の五行合成の原理と9回高熱処理の原則に基づいて完成した竹塩こそが真の竹塩です。海の塩が高熱の火と出会って人間に有益な新しい物質として生まれた真の竹塩を「海の金丹」と呼んでいます。

合計 4
手順 タイトル 投稿者 投稿日 推薦 閲覧数
4
자죽염이란
insan | 2017.04.17 | 推薦 0 | 閲覧数 1228
insan 2017.04.17 0 1228
3
죽염에 관하여
insan | 2017.04.17 | 推薦 0 | 閲覧数 1096
insan 2017.04.17 0 1096
2
죽염의 제조 기법과 활용
insan | 2017.04.17 | 推薦 0 | 閲覧数 1410
insan 2017.04.17 0 1410
1
죽염의 활용법
insan | 2017.04.17 | 推薦 0 | 閲覧数 1253
insan 2017.04.17 0 1253